秋の大収穫祭 ボルドー5.12a

IMG_3250

 

待ちに待ったシーズン到来ですが、種も蒔いてないのに大収穫がありました。全面的にスーパー・ハーベストクライマー、つよぽんパイセンのお力添えがあってこそですが、とにかく幸先いいのでご報告。ちなみに上の写真はベニテングタケ。スーパーキノコみたいだけど毒キノコです。

 

志賀ランド

IMG_3241

 
カサメリ沢を渡って普段とは逆方向の左手下流へ向かう。初めて訪れるが、ここも魅力的な岩が豊富。5分とかからず、本日のお目当て「ボルドー5.12a」に到着。予想より傾斜が強く、登攀意欲が一気に上昇する。

つよぽんパイセンが「何はともあれ前情報なしにOSトライすべし」と猛烈に推すので言われるがまま突撃。もちろんマスタースタイルである。スタートから第一バンドまでは快適なガバが続くが、第二バンドへ直上するあたりから一気にホールドが細かくなる。あれやこれやとムーブを試みるが謎が解けず、粘りに粘ってテンション。OSトライは幕を閉じた。

その後、それっぽいムーブを探り当てるがどうも厳しすぎる。とうとうパイセンに教えを請うと、「今のムーブで登る人もいるよ」と前置きしつつ神ムーブを伝授。目から鱗なシンプルムーブだった。これは初見では見つけらんないっす。少なくとも今の実力では。

その後はテンション入れながらムーブとホールド探し。なんとか第二核心まで進む。しかしここでも謎多きムーブに四苦八苦。カンテを抱え込んでみたりカチを刻んでみたりヒールフックしてみたり。どうやらカンテが正解のようだが最終カチが遠い。つよぽんパイセンも固まっていないとのことでバトンタッチ。

 

更なる神ムーブ

「まだ固まってないけどRP狙いでいくよ」と宣言してパイセンがトライ開始。宣言どおり圧倒的安定感と気迫で一気に第二核心直下へ。しっかりレストしていざ突撃。最終カチを捉えた、と思ったが惜しくもフォール。RPをほぼ確信していただけに非常に惜しい。だがまた本日一便目。じっくりと第二核心を錬る。

そして、最後の鍵となるムーブをカンテに見いだす。ちなみにこのムーブの有効性は身長によって大きく左右されるだろう。幸い我々は身長、リーチともにほぼ同じ。またしても神ムーブを授かる。

 

ボルドー 5.12a RP

そして2try目。リラックスして第一バンドまで上がる。軽くシェイクを挟んで第一核心の薄ピンチを保持。ゆったりとタメを作ってスローパー、カチへとムーブを繋ぎ、よどみなく第二バンドに到達し3ピン目をクリップ。パンプは感じない。呼吸も一定のリズムを刻んでいる。悪くない流れだ。

軽くレストを入れ、流れを断たないように第三バンドへ上がる。4ピン目をクリップし、ほぼパーフェクトで第二核心直下へ達する。一瞬、この流れのまま行こうかと考えがよぎるが焦らずレストを挟む。

左カンテで十分にレストした後、いよいよ核心に挑む。甘いカンテを保持して体を上げる。カンテをはたきながら抱え込み、更に体をあげる。そのまま一気に最終カチを取る予定が距離が足りない。思わず薄カチを刻み、もう一度カンテをはたいた。しかし刻んだカチが仇となり、バランスが崩れ手が出ない。

完全に硬直していると、つよぽんパイセンが「届くよー!」とPUSH。2try目の高度としては既に上出来。落ちてもいいからムーブを出そうと左手をビクトリーカチへ放った。フリクションが良かったのか、カンテとのバランスが良かったのか。果たして左手は不思議なほどビタリと止まった。

パイセンの「まじで !? 2撃じゃん !!」に祝福されながら必死の形相で乗っ越し。イージーなはずのムーブを吠えながらこなして終了点へ。

 

 
ワンデイで登れたら快挙と思っていたカサメリの5.12aがまさかの2撃という事態にしばし呆然。パイセンアドバイスがなければ2,3日は費やしただろう。花崗岩マジックの効いた良ルートでした。

その後、つよぽんパイセンは「プレッシャーだよ〜」と言いつつ危なげなくRP。二人で気分良く志賀ランドを後にした。

 

漁師の娘 5.11c RP

IMG_3255

 

予想外に早くボルドーが登れたので、次なるターゲットに「漁師の娘」をトライ。悪そうな印象を抱いていたが、改めてオブザベーションしてみると意外とポジティブな雰囲気。早速マスタートライを開始。

予想通り快適なホールドが続き、核心へ。やや遠いカチを捉え、右手を寄せる。あわやOSと期待したが寄せた右手が甘く、躊躇してるうちにパンプ。残念ながらワンテンとなった。

核心のムーブを修正して、つよぽんパイセンとバトンタッチ。ここでもリーチが同じ利点を生かしてムーブを共有、サクサクと高度を稼ぐパイセン。しかし柔軟性は個人差が大きかったか、やや股裂き状態。それでもアッサリと核心をマッチして突破。見事に一撃。続いて僕も2撃でRP。

 

 
リーチによって大きくグレードが異なり、身長170cm以上なら非常に登りやすい5.11cになるだろうと意見が一致する。

 

朱雀 5.11a ワンテン

IMG_3262

 
〆にヤバそうなスラブで始まる朱雀にトライ。案の定出だしがバランシーかつメンタル削り系。それっぽいムーブは発見したがヨレと湿度上昇のためワンテンで撤収となった。

最後の最後でスラブにはじかれるってところが花崗岩っぽいというかカサメリっぽい展開ですが、あまりある成果にホックホクの一日になりました。シーズン始まったばかりでこんな大収穫があるとどっかに大穴が待ち受けてるんじゃないかと不安になりますが、この調子でガッツリ登ってやろうと思います。


秋の大収穫祭 ボルドー5.12a」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: ボルドー12A(カサメリ) | ちょっとずつ登る

  2. ピンバック: ちょっとずつ登る » ボルドー12A(カサメリ) 2Days

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です