そして年上の女房は見つかったか?

IMG_3292

 

結論から先に述べると、見つけることはできた。しかし、口説き落とすことはできなかった。足りなかったのはクライミング能力か、甲斐性か。

 

ゾウリムシ 5.11a RP

お目当て「金のわらじ 5.12a」に隣接する「ゾウリムシ 5.11a」でアップ兼ドロー設置。ちなみにこの二本が引かれている石塔の名は姐御岩(もちろん未婚。そうだろう?)。「草履」は「草鞋」に掛けていると考えるのが自然だ。命名者のスキルフルなフローには脱帽である。

実は「ゾウリムシ 5.11a」は既に3try目。前回は降雨のため敗退してしまった。サクッとマスターで登り、調子よく「金のわらじ」を探る構えである。

しかし、中間部のムーブを失念し、あっさりテンション。先日「ボルドー」&「漁師の娘」を2撃した勢いはどこに行ったのだろうか。気を取り直してムーブを再チェック。2回目で無事RP。

 

金のわらじ 初トライ

そして漸く本命課題にトライ開始。出だしのスラブが地味に悪そうだと警戒していたが、登ってみると意外にムーブが楽しい。しかしハング直下から3クリップ目までのランナウトがメンタルを削る。なんとかクリップをこなし核心部へ。遠いと聞いていたホールドを探すが予想を上回る遠さ。粘る間もなくパンプによりテンション。

しばし前腕を休ませムーブ解析開始。ハング左下部付近に何やらホールドは存在するが、こいつらを保持できる気がしない。万一保持したとして、そこから遠い一手を放つのは絶望的だ。更にハング直下という性格上、ハングドックから壁に戻るのが一苦労。あっという間に体力を奪われる。

一通り傾斜回避ムーブを探ってみたところで、肚をくくって真っ向勝負にシフト。足位置を調整し強引に体をあげると、何やら手が届きそうな雰囲気。

気合い一発、左手を放つ。だが甘い。何とか耐えて更にもう一発。かろうじてハングを抜けたが、今度は右手の寄せが非常に厳しい。強引に寄せてはみたが繋げては出せるムーブではない。間違いなく最適化が必要だが、核心突破は初日の成果として十分。早めに切り上げて久しぶりに植樹祭でキャンプ。

 

お洒落ムーブは金の草鞋を履いてでも探せ

翌日、ゆっくり起きて「金のわらじ」二日目。前日1try目で核心を突破したこともあり「ひょっとしてRPできるんじゃね?」などと淡い期待を抱く。

しかし本日1try目、スラブで迷う。様式美のようなお約束パターン。無駄に消耗したままクリップにまごつき、核心突破できず。核心ムーブの足位置を確認し未着手のパートへ突入。

抜け口から5クリップ目までをヒールやら水平フラッギング、トウフック等々を駆使して突破。核心部が真っ向勝負なのに対してこちらは小技系。ヒールに乗り込むのが多数派と思われるが、足技を多用するムーブはやっぱ押さえとかないとね!

その後、「ゾウリムシ」と共有するホールドをできるだけ避けつつ最上部へ。最後の乗っ越しもヨレてると非常にキツい。

 

3テン・トップアウト

長いレストを挟んで本日2try目。指皮が既に消耗しているが登り出せば無視できる程度。ハング直下に到達するが呼吸が荒い。若干最適化されたハング直下を抜け、3クリップ目をこなし核心へ入る。吠えながら左手を突き出し上部のホールドを捉える。しかし右手を寄せる余力はもうなかった。

その後、右手寄せの画期的な足位置を見いだし、抜け口のムーブとの連携も向上。中間部、上部でテンションを入れつつトップアウト。着々とムーブが洗練されていくが指皮と体幹が売り切れで回収。金のわらじ2daysは幕を閉じた。

次回完登できるかと問われると、可能性はありそう。しかし、もう少し時間をかけてじっくり登ってもいいんじゃないかなーと思える良課題に出会えました。姐さん、マジパねえっす。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です