カテゴリー別アーカイブ: アルパインクライミング

全天球アルパイン

中山尾根終了点から #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

 
全天球カメラ「RICOH THETA S」を携えて八ヶ岳へ。
城山以来の世紀末トリオ(タロー/S兄貴/ワタシ)でアルパイン&アイスクライミング。
機材協力はもちろんヤマーン!であります。

 

大同心大滝

IMG_4229

 
初日は赤岳鉱泉でベースを設営したのち、昼過ぎに大同心大滝へアイスクライミング。他のパーティはなく、完全な貸し切りである。

タロー君にリードしてもらった後、カメラをセッティングしてトップロープで登攀開始。

ちなみに気温が低いためバッテリーは長くは持たない。悠長に登っていてはトップアウトする前に撮影が終わると予想された。とはいえ、トップロープである。一気に高度を稼いでハイクオリティな動画をゲットしてやるぜ、と意気込む。

だが、早々に超絶パンプ。乱れまくった呼吸を必死で整え、短いシェイクを繰り返し、可能な限りペースを落とさず登攀を続ける。撮影のことなどどうでも良くなってきたころ、なんとかトップアウト。幸運にもバッテリーは持ち堪えてくれた。

 

[youtubeアプリで見るとVR再生が楽しめるよ!]

 
その後、空身で一巡して回収。夕日に向かって下山。ベースに戻ってS兄貴の絶品ツマミにビールで乾杯するのであった。

 
IMG_4253

 

中山尾根

IMG_4268

 
迎えた二日目、中山尾根。八ヶ岳では中級の部類に入る岩稜系アルパインとのこと。

下部岩壁はタローリード。右凹角が一般的らしいが正面から取りつく。案の定、悪い。1ピン目のボルトから右凹角へトラバースし、左上気味に岩場をこなす。テラスを抜け、草付きを左から巻いてピッチを切る。

雪稜をコンテで辿り、上部岩壁基部へ到達。

先行パーティの待ちながら、リードで行くべきか逡巡する。下部岩壁スタート部分は予想外に悪かった。やや及び腰になっていることを受け止め、気持ちを落ち着ける。A0も視野に入れ右凹角から取りつく。冷静にガバを探りながら、ほどよい緊張感の中で高度稼ぐ。ほどなくして抜け口直下のテラスに。ピッチを切りタロー君と交代。

 
[上部岩壁]

 
IMG_4292[上部岩壁抜け口]

 

[高度感がイイ]

 

ピナクルまで上がってくると風が強まる。予報では昼過ぎまで晴れとなっていたが蓋を開けてみると晴れたのは取りつきまで。寒風に煽られながら全天球撮影をこなして一般登山道へ。

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA[最後のトラバース]

 
行者小屋への下降路は華麗なシュプールを描きながらシリセード大会。ベースを撤収し、なぜか行きよりも肥大化したバックパックを担ぎ美濃戸へと下山するのであった。

 
 [久々の90Lは重かった]

 

シーズン総括

というわけで今シーズンはたぶんこれでお終い。

山行回数3回、エリアは八ヶ岳と群馬。そこだけを見ると地味な印象ですが、アルパインアイス、スポートアイス、マルチピッチアイス、岩稜系アルパイン、およびそれぞれでリードデビューとそれなりに経験値を積ませていただきました。

これもひとえにご同行いただきました皆様のお力添えによるものでございます。つーわけで来シーズンもよろしくね!

裏同心ルンゼ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA[photo by Taro Inomata]

 

超絶快晴の八ヶ岳で、裏同心ルンゼ〜硫黄岳周回ルートを登ってきたよ!

パートナーはクライミングギアの新たな地平を“ブッチギリ”で切り拓く、マイスター・タロー。クラック登攀はないので名器タローカムの出番がないのが残念。

足慣らしには最適の定番ルートで快適なアルパインアイスを堪能しました。

 

シーズンイン

img[冬支度]

 
秋のリード・ボルダーシーズンでは「アイス?そういやそんなアクティビティもあったね」的な態度を示しておりましたが、岩が冷たくなってくるとアイゼンを履きたくなるのが人情というもの。

早速タローくんに連絡して予定を詰める。登攀要素のない雪陵ハイクあたりでお茶を濁すつもりだったが、アルパインアイスを提案されるや秒速で鞍替え。

ちなみに某氏から「今シーズンはアイス消極的とか言ってなかったっけ」と突っ込まれたが、もちろん「そんな昔のことは忘れたよ」と即答しておきました。

 

積雪は少なめ

IMG_3796[大同心が奥にそびえる]

当日朝はこの冬一番の冷え込み。とはいえ雪は少ない。美濃戸ー赤岳山荘までのダートも凍結箇所なし。

赤岳鉱泉までは凍結箇所多数だが夏時間と同程度で鉱泉に到着。荷物をデポして裏同心へ向かう。

 

裏同心ルンゼ

IMG_3804[F1 しっかり氷結している]

F1に着くと既に2-3パーティ。大混雑を予想していたが、それほどではなかった。順番を待って登攀開始、タローくんのリードでスタートする。氷柱はしっかりしているが硬すぎず、アックスは打ち込みやすい。

 

IMG_3805[F2 並んでます]

F2はやや渋滞気味。気長に待ってリード交代。1段目は低いのでノープロテクション。2段目のナメ滝に今季初のスクリューを打ち込む。

3段目も一気に抜けたかったが渋滞。ビレイポイント作ってピッチを切る。

流水のしたたるラインは「濡れてるの、大好きなんで(キリッ」と前置きしてタローくんが水線突破。そういえば「アイスクライミングは沢登りの延長線にある」と誰かが言ってたのを思い出す。

 

IMG_3812[F5直下 視界が開けてくる]

F3−F4は同時登攀でF5直下まで一気に抜ける。F3−F4は小振りだったりナメだったりでよくわからんうちに通過。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA[F5 photo by Taro Inomata]

F5でリード交代。スクリュー二本で抜ける。BDとグリベルのスクリューを交互に打ったが、個人的にはBDが刺さりやすくて好きかな。

 

IMG_3816[大同心直下]

OLYMPUS DIGITAL CAMERA[草付きを直登 photo by Taro Inomata]

F5上部から左岸草付きをダイレクトに大同心基部まで詰める。ここでロープを収納。

 

IMG_3828[雪が少ないので浮き石が厄介]

大同心稜へのトレースは積雪量が少なく浮き石が厄介。アイゼンの摩耗が気になる…

 

大同心ルンゼ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA[高度感がいい photo by Taro Inomata]

当初の予定では大同心稜から下降だったが、僕の無言の圧力を感じたか「想定より早いんで、稜線まで抜けましょうか」とタローくん。待ってましたとばかりに大同心ルンゼへ突入。

 

IMG_3842[左手に大同心]

OLYMPUS DIGITAL CAMERA[FIXロープもある photo by Taro Inomata]

岩場主体のルンゼ内はFIXロープもあり快適に高度を稼ぐ。徐々に風が強まるが日差しが強くて熱い。

 

IMG_3853[大同心のピーク]

IMG_3855[上部を詰める]

大きく視界が開けてくるが、もうひと踏ん張りで稜線へ抜ける。風がますます強まる。

 
IMG_3864[遠くに北アルプス]

IMG_3861[富士山タロー]

稜線上は最高の展望、北アルプスがきれいに見渡せる。富士山も安定のクオリティ。ところでサムズアップをバッチリ決めているタローくんだが、彼の親指がガムテープで補修されているのは内緒だ。

 

硫黄岳

IMG_3868[無心で登る]

IMG_3869[横岳-赤岳-阿弥陀岳]

黙々と登り返して硫黄岳へ上がり振り向くと、横岳-赤岳-阿弥陀岳。爆風吹き荒れるイメージの硫黄岳頂上だがこの日は比較的穏やかだった。小休止を入れて長〜い赤岳山荘までの下山へ備えるのであった。

 

Stats

IMG_3875[火口タロー]

というわけでシーズン一発目から会心の山行となりました。久しぶりにアックスを振ったせいか右手が腱鞘炎になってしまったけどすぐに治るでしょう!タローくん、本当にありがとう。

今年はフリーも沢もアルパインも、やりたいクライミングはほぼやり切れた感があります。お世話になった皆様、心からお礼申し上げます。

 
コースタイム

  • 赤岳山荘 06:30
  • 赤岳鉱泉 08:00
  • – 大休止(30分)
  • 裏同心ルンゼF1 08:50
  • 大同心稜合流 11:55
  • – 中休止(20分)
  • 横岳稜線 12:40
  • – 小休止(5分)
  • 硫黄岳 13:30
  • – 小休止(5分)
  • 赤岩の頭 13:50
  • 赤岳山荘 15:50

 

 

阿弥陀岳 北稜

今シーズンの締めくくりは「阿弥陀岳 北稜」
ようやく雪と岩がフツーに出てくる、所謂「アルパインルート」を登った事になります。

 

南沢大滝

 

IMG_1454

 

今回の行程は一泊二日。初日は南沢大滝でアイスクライミングを行う。メンバーは「剣岳源次郎」と同じZK夫妻。源次郎の時から「冬は北稜ですな」って話をしていたので割と構想は長い。ちなみに今回の山行終了時で「来シーズンは北西稜ですな」ってことになっている。

さて、大滝は既に10名ほどのクライマーが取り付いており、空いてるラインは右端のみ。おそらく最も難しいラインだ。しかしZK氏はアップもなしであっさりリード。抜群に安定したクライミングを魅せる。その後、奥様と続き私。もちろんTRである。ちなみに1try目でアックスがすっぽ抜けてフォールしたのは秘密だ。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

三人で5本ほど登って撤収。行者小屋へ向かう。

 

阿弥陀岳 北稜

 
IMG_1458

 

翌日、6時に起床して外を見るとなんと雪。そして阿弥陀も赤岳もガスの彼方。某天気予報によればA判定の登山日和だったはずだが、やはり山の天気。転戦すべきか検討しつつ出発を一時間延ばす。

一時間後、若干回復の兆しが見えてきた事もあり突っ込まない前提で出発。既に10組近いパーティーが先行しているため、トレースは明瞭かつラッセルいらず。1時間程でサクっとジャンクションピークに到達。岩稜取り付きに到着すると順番待ち10人強。幸いにも無風なので気長に順番を待つ。

 

IMG_1461

 

そしてようやく登攀開始。出だしのチムニーにアックスを掛けてみるが、ドライツーリングのセンスの無さを痛感して早々に手で登る。その後、2ピン目を経て短いトラバースをやや緊張しながら通過、草付きと雪面にダガーポジションを効かせてテラスへ抜ける。

2ピッチ目は初めからアックスをクリッパーに掛けたまま登攀。ピナクルにランナーを取ることも考えたが、特に問題なさそうなのでフリーソロのまま抜ける。乗っこすと小さな痩せ尾根。もしやこれがナイフリッジなのか?いや、岩稜短すぎない?と思いながらZK氏の元へ。

 

IMG_1466

 

「ひょっとしてこれで終わり?」「いや、いくらなんでも…」とか話していると先行パーティの方から「ここで第二岩稜は終わりですよ」と教えていただく。ZK奥様も上がってきて三人であっけにとられたまま阿弥陀頂上までハイクアップ。

頂上から中岳のコルを経由して中岳沢から行者へ約1時間。無事、行程を終える。
早朝の降雪時は敗退・転戦も考えたが、終わってみると快適かつ余裕のある山行だった。技術的にも体力的にも十分なマージンを取って行動する事ができたのでアルパイン初級としては理想的な展開だったかと。

 

 

剱岳 源次郎尾根

P9270060

 

 
劔沢を下降していると稜線がモルゲンロートに照らされ、より一層紅葉が映える。武蔵谷を経て、平蔵谷に至ると源次郎尾根取り付き点の目印となる大岩が目に入った。対岸の草付きには明確なトレースがハイマツ帯へと伸びている。ここから劔岳山頂へと一直線に抜ける源次郎尾根ルートが始まる。
 
P9270063[対岸に明確なトレースが見える]

 

BASECAMP

 
前日、剣沢に幕営設置した後は取り付き偵察の予定だったがZK夫妻、僕ともに一歩も動かず。そのまま翌日のアタックとなった。ちなみに劔に来るのはこれが三度目。これまでは別山尾根ルートしか経験が無く、バリエーションでの山行は今回が初となる。剣沢の夜は穏やかで翌日の行程に期待を膨らませた。
 
P9260039[BCから劔を望む]

 

登攀開始

 
取り付き直後からハイマツ帯のトンネルを這うように抜けると、すぐにフィックスロープのある岩場に出くわす。若干濡れていて悪いがフィックスを使う事無くフリーで抜ける。その後もバックパックをハイマツに擦りながら高度を稼ぐ。
 
P9270078[濡れている上、少し足が深い]

 
さらに進むと、先ほどより悪いスラブが出現。お助け紐が下がっているが、今回のパーティは残置無視フリー突破が基本なのでフリーにこだわりトップアウト。
 
P9270085[トップは空身で荷物を引き上げる]

 
沢の高巻きの様なパートを抜けると少しずつ露岩帯が増える。落ちれば当然助からないがポジティブなホールドと抜群なフリクションに恵まれ快適に前進。今回のシューズは無雪期にしてはオーバースペックなネパールEVOだが、エッジング/スメアリングともに非常に優秀。C4では踏めないフットホールドを見いだしてくれる。
 
P9270099[程よい高度感]

 
Ⅰ峰で先行パーティに追いつくと偶然にも三笘さんのガイドパーティ。
 
P9270118[ZK夫妻は三苫さんに良く会うらしい]

 
Ⅰ峰からコルに下降後しⅡ峰への登り返す。
右側のハイマツを辿ると簡単だが、快適なスラブを登らずにはいられない。
絶妙な配置でガバホールドが続く。今回の行程で最も快適なラインとなった。
 
P9270120[右カンテを回り込んだフェースが面白い]

 
P9270129[ナイフリッジを抜ける]

 

Ⅱ峰懸垂

 
源次郎尾根のハイライトと言うべきⅡ峰の30m懸垂。セッティグを間違えなければ問題なく下降できる。ロープがスタックする要素も小さい。むしろ核心はその後の詰めかもしれない。浮き石が非常に多く、全般的に岩も脆い。脆弱部を回避するルートファインディングと、落石を起こさない慎重な足運びに神経をすり減らす。忍耐力を試される詰めだ。
 
P9270134[30m懸垂]

 

登頂

 
周辺までガスが上がってきているため下界の展望は望めなかったが、山頂はガスに巻かれず気持ちよく記念撮影。別山尾根から剣沢へ下山した。
 
P9270138[おなじみの祠]

 
三度も山頂を踏んだ山は多くはないが、三度目も劔は素晴らしかった。しかし、まだまだ素晴らしいルートがここには数多く引かれている。八峰やチンネ、北方稜線、そして積雪期。あと何度劔に行くだろうか。
 
P9280156[最終日、剣沢を後にする]