登納め 二〇一四

登納めは三年連続の北山公園。
本当は関西の某未公開エリアに行く予定だったんだけど雨のため中止。

そんな時は乾きも良く暖かい北山が定番。そろそろ北山一級くらい登っておかないとシメシが付かない(誰にだ)ってことで登り納めに行ってきました。

 

寝坊からの将棋

目覚めと同時にケータイに目をやると7:40。電車に乗る時間だ。とりあえず冷静にFBで現状を報告し、ヨーグルトとコーヒをぶち込んで実家を飛び出る。ヨーグルト&コーヒの効果はハンパなく、阪急梅田駅で真剣に電車を見送ろうかと考えたが我慢。ま、あやうく河原町行きに乗りそうになりトイレに行く暇すらなかったんだが。

そして一年ぶりの将棋岩の前でみんなと合流。おなじみの関西メンバーに加えて、たまたま日程が被った江戸川橋メイトとセッション。

p1

アップもなしに将棋ノーマルをさわるが、一回だけスタートして記念撮影。完全に登る気なし。

p3

[1,000氏は将棋ノーマルを見事RPしたそうです]

 

銅鑼の音

「ま、一級じゃなくて二級でもいいかな、なにせ北山はカラいし」と言い訳しながらヒゲさんオススメ課題「銅鑼の音 二級」に移動。抱え込み系のパワー&バランス課題だ。K村氏、ヒゲさんと共にムーブを探りつつ、気持ちいいムーブが出来上がってきたが、他の課題も触りたくなってきて移動。実に尻が軽い。

p4

鉄人

「やっぱ、二級じゃなくて三級かな。(北山)四級クライマーだし」と現実路線にシフトした結果、ジムっぽいと噂の「鉄人 三級」に向かう。当然Flash狙いでワントライ目。マントル体制まで持って行くが、やはりここは北山。恐ろしいマントルにこらえきれず下りる。3,4トライの末、またもや敗退。

林トラバース

「皆が言うほどジムっぽくないので、もっとジムっぽい課題があればなー」という糞ジムダラー発言に震える拳を押さえながらヒゲ氏が「林トラバース 三級」を推挙。「飛竜 一級」と同じスタートから右にガバをつなぐトラバース課題。移動すると1,000氏が飛竜を打っている所だった。

ホールドを確認してムーブをバラす。リップへのデッドがやや狭いのでサイファーを提案するが、周囲から理解を得られない。一般的にはヒールフックを寄せてリップを取るようだ。「サイファーはないやろ」と諭されるが、ここは変態クライマーとして譲れないと初志貫徹。しかし残り時間はあと僅か、ワンチャンス&ワントライとなった。

オゾンQCからNEXXOに履き替えてスタートポジションへ。ヒールフックから右へ抜ける。そしてリップへ。全力の絶叫デッドポイントを放つ。リップを完全に捉えると、入念に練った甘いマントルを返して完登。ようやく北山グレードを三級とすることができました。

p10

帰りは甲陽園駅前の焼き肉。快くマット三枚をおかせていただきました。もちろんお肉も絶品。腹一杯、ビール飲みまくりで大満足。ご一緒させていた皆様、本当にありがとうございます。

それでは良いお年を。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です