地蔵岳

img_6636

 

キッズの引率で鳳凰三山の一角、地蔵岳に登った。初日はドンピシャのタイミングで雨雲をかいくぐり雨に濡れることなく鳳凰小屋まで。翌日は秋晴れの中を山頂まで。下山後は御座石鉱泉でひと風呂浴びて帰りました。

 

img_6515
[道中で見つけたベニテングタケ]

 

 

御座石-鳳凰小屋

img_6546

どんよりしているが雨は止んでいる。午前中はパラリと降ることもあったが午後は少しづつ青空も見えはじめる。

img_6579

小学2年と3年の彼らは非常に健脚。終盤こそダレ始めていたが疲れというよりも飽きてきたという印象。良くがんばりました。

img_6587

山小屋初体験だが彼らの適応力はたくましく早々にトランプをはじめる。夕食後は全員即爆睡。

 

 

鳳凰小屋-地蔵岳

img_6614

快晴で迎えた二日目、頂上へ向かう。下山体力温存のためパーティを分け、頂上へは3名。

img_6632

賽の河原に出るとやや曇り気味。太平洋側は雲海も見える。適当にボルダーを登ってみるが風化が激しくホールドが乏しい。

img_6651

地蔵岳頂上から甲斐駒が近い。

img_6657

秋雲と北岳。

 

 

賽の河原ボルダー

img_6654

オベリスク登攀へ向かうがフィックスロープが無い。ハンドジャムの効きは最高でグレード的には5.7-5.8くらいと思われたが下降がヤバそうなので断念。

img_6666

ボルダーを探して賽の河原をさまよう。

img_6667

岩は美しくロケーションも最高だが前述の通り風化が激しい。

img_6668

魅力的なラインも近づいてみるとボロボロでガバホールドがごっそりもげたり。

とは言えこのロケーションで1本でも登れたのでそれなりに満足であります。

img_6661

下山は無雪期グリセードでダウンヒルを楽しむのでした(翌日筋肉痛で大腿四頭筋死亡)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です