キッズボルダー開拓

img_6855

 

小僧クライマーズを連れて瑞牆キャンプへ行った。今秋初のキャンプ&クライミングである。

植樹祭広場でスラビスタと雑談したのちハットエリアへ向かう。植樹祭周辺より人気が少なく手付かずのボルダーも豊富。

まずはケロケロ岩のスラブでアップ。V0ならノッチは問題なく登る。ソーメイはスタートでまごつくがほどなく解決。

続いて入門岩。V1マントル課題を典型的なアザラシマントルで抜ける。V2は指が痛いっつーことで早々に見切りをつける。久しぶりのボルダーをノッチは自由に楽しんでいる様子。一方ソーメイは水晶探しに精を出す。

 

img_6814

 

移動してガンダーラまで上がる。「山ガール」をトライしながら周辺のボルダーを探す。大小様々、フェイスからクラックまで豊富に存在するが脆さや下地など、なかなか条件が揃わない。

 

sd

 

幾つか掃除してみたが結局ガンダーラ真下に位置する激低なスラブを掃除して登る。SDスタートは離陸までこぎつけたが初手が止まらず。是非解決してほしい。

一方「山ガール」はリップまで到達するもスイートスポットを逃し粘ったがフォール。その後、先客のクライマーさんが移動してしまったのでノースポット。最上部からランディングの倒木へとフォールしまくっているとノッチから「父さん、それ一人でやる課題じゃないんじゃないの?」と至極真っ当な意見を頂戴する。返す言葉もございませんとばかりに「ダイヤモンドゆかい」「やっこだこ」を登って本日は終了。

 

img_6831

 

植樹祭に戻りキムチ鍋を食べて9時くらいには川の字で就寝。

 

二日目

img_6835

 

翌日もハットエリア。植樹祭で二週連続SAT6先生と会って雑談。

穴課長まで上がって「穴会長」をトライしながら周辺のボルダーを探す。林道下に程よい高さのボルダーがあるがどれも苔が激しい。適当なスラブ課題を設定して苔ダリング。これはこれで楽しい。

 

deadpt

 

その後、左手ルンゼのテラスに小振りだが苔の全く付いていないボルダーを発見。ノッチは指皮完売により戦線離脱。ソーメイとムーブを探り少しずつ手を進める。当初は足が切れ切れだったがトライを重ねるごとに安定感UP。リップまで進みマントル体勢に入ったがヨレて完登ならず。これも是非完登してほしい。

 

穴会長 V8 RP

anakaicho

 

さて、今回の本命課題の一つでもある「穴会長 V8」はガバポッケ取りが気持ちいい。当初は悪いホールドからの飛び出しに怯んでいたがホールディングと足位置の調整で解決。スタートからの数手を試行錯誤したのち本気トライ。上部でややまごつくが無事にRP。

一人でじっくりとムーブを解析しつつ、上部は未知のまま完登。出来すぎなんじゃないのっていうクライミングだった。

 

臍 FA(?)

img_6849

 

その後、林道下にある顕著な大穴からスタートする課題を登る。体感V3かな?

初登だと嬉しい。

 

ジュゴン 初段 RP

img_6860

 

植樹祭でテントを撤収してお蕎麦で昼食。最後は小クジラ岩で〆。

ソーメイは完全にチャンバラモードだがノッチはスラブなら登りたいと課題探し。簡単なスラブを登ったあと、何故かワイドクラックを登ることになる。大奮闘の末にFLに成功。完登後の彼の言葉は「二度とクラックはやらない」であった。

ジュゴンは過去に何度か触っていたがスタートがしっくりこないまま封印となっていた。今回も触り始めは同じような印象だったが左手のホールディングで一気に解決。気持ちよく初手を捉えてRPすることが出来ました。

 

img_6866

 

帰りは「おいしい学校」でお風呂に入ってさっぱり。境川でジェラートを食べて男三人による秋の開拓祭りは幕を閉じた。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です