膝痛めたメモ

俺は今、モーレツに哀しい。

前回、「やっと股関節回復したよ、これでがっつりボルダーやるよ」的な宣言をした所、数日後に左膝を故障してしまいました。「膝内側側副靭帯損傷(MCL損傷)傷度1」という比較的メジャーなスポーツ障害だそうです。

原因となったムーブ

およそクライミング本と呼ばれる書籍には「ドロップニー(キョン)」の解説に必ず「膝に負担がかかるので、故障に注意するように」と書かれています。今回はまさに指摘通りの状況で受傷。

前傾壁(135度)で左足が決まりきっていないままドロップニーへ移行しようとした瞬間、左膝から「ゴリッ」と異音が。左膝下が大きく外旋したまま、膝上が内旋したので内膝に過度の力が加わったのでは無いかと。

元来ドロップニーは苦手な部類ですが、それに加えて強傾斜、さらにケガ明けでブランクが合ったりとネガティブな要因が重なるとやはり危険ですね。

治療と予後

受傷直後はこれと言った痛みも無く、とりあえずドロップニーは封印して軽くボルダー、リード、そして帰宅後アイシング。就寝後から痛みが発生し、寝返りでもビリっと痛みが走る様に…

翌日接骨院へ、そして前述の診断となりました。治療は周辺筋肉の緊張解放と湿布、包帯。受傷の影響で周辺筋肉の緊張が解けず、痛みの原因になるんだそうです。あとは安静に過ごして、全治2週間。

今回は傷度1なので、比較的治りやすい部類だそうです。これが傷度2、3と深刻度が上がるとそうも行かず場合によって手術もありえるとか。不幸中の幸いと思う事にして、一日でも速く復帰できるように頑張ります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です