北岳 (広河原-大樺沢-左俣-山頂-肩ノ小屋-草スベリ-広河原)

前シーズンの赤城山スノーハイク以来となる久しぶりのトレッキングは、国内第二位の高峰「北岳」。ルートは非常にメジャーな「左俣からの草スベリ下山周回コース」を設定。特に技術的核心と言えるものは無く、強いて言うならば帰りのバスに間に合わせること。

DSCF1021
大樺沢から北岳を望む。しびれる。

DSCF1042
沢筋はずっと日陰だったので、ようやく日光をあびる。積雪量が中途半端なのでアイゼン無しで通過。稜線に出てから装着。

DSCF1043
バットレスが近い。

DSCF1050
八本歯のコル直下。日が射すと暑い。

DSCF1062
今日も富士山が美しい。

DSCF1076
山頂への西側斜面は若干クラスト気味な部分もあったが、アイゼンが新しいので効きはバッチリ。トラバースも不安要素なし。ピッケルも不要。

DSCF1079
ほい。山頂。何故か集合写真がない。

DSCF1093
肩ノ小屋でランチ。お手製スコーン。

DSCF1099
下山はグリセードからのトレイルランの様なペースで2時間ほどで広河原。バスを待つ間にボルダー。

DSCF1100
クライミングシューズ持ってけば良かった。

行程(1Day)

  • 06:30 広河原
  • 11:30 北岳山頂
  • 12:10 肩の小屋(昼食
  • 13:00 下山開始
  • 14:00 白根御池
  • 15:00 広河原

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です