乾徳山ハイク&クライム

IMG_7929

最近定番となりつつあるソーメイ&スラビスタとのトリオパーティで乾徳山。前日の雨の影響で湿気ムンムンだったがボルダーもハイキングも楽しかった。

 

太平高原−道満尾根

IMG_7856

太平高原からアプローチ。牧場に家畜は一切いなかったがどういう位置づけなんだろうか。

 

IMG_7865

尾根上のボルダーを偵察しながらすすむ。

 

扇平

IMG_7876

月見岩を登るソーメイ

 

IMG_7892

富士山をバックにカンテラインを登る。

 

苔絨毯スラブ

IMG_7896

サイコーに美しいスラブを見つけるが美しい苔絨毯をまとっている。秋に来てトライしてみたいが、この美しい絨毯をはがして良いんでしょうか。

 

とりあえず裏面のジムなスティックな課題を登る。三ツ星課題だがリップは沢かよってレベルでビショビショ。トップアウトも濡れた苔絨毯のおかげでワイルド。

 

髭剃りチムニー

IMG_7919

今回の目玉、髭剃り岩。チムニーはこれ以上無いくらい快適。スラビスタもご満悦。

 

IMG_7909

ソーメイも挟まってみる。まさかのニーバーサイズ。

 

雨乞い岩

IMG_7965

ハイボールというか若干フリーソロな雰囲気の雨乞い岩。スタートはカンテにあるピンチからガバカチにデッド。快適なムーブ。登山道脇なのでトライする場合はハイカーへの配慮が必要です。

 

IMG_7933

雨乞い岩横のスラブも気になる。これも秋にトライしてみたい。

 

鳳岩

IMG_7939

鳳岩の鎖場はロープをつけて登る。フルボディハーネスもそろそろサイズアウト。

 

IMG_7946

富士山のシルエットを背景に記念撮影して早々に下山。

 

雑感

IMG_7989

というわけで往復4時間くらいのトレッキングで、チムニーとハイボールと薄被りと超簡単なクラックで遊んだ。

これを「アプローチ4時間でノーマットボルダー」と捉えると変態感が半端ないんだけど、「トレッキングしながら見つけたボルダーを楽しむ」と捉えるとカジュアルでいいんじゃないかな。

「アプローチもランディングもクライミングに含まれる」という考え方は割とストイックなスタイルとして受け取られることが多いと思いますが、もっとカジュアルかつ自由なスタイルなんじゃないかなーと。

スポンジみたいに水を含んだ苔スラブを登りながらそんなことを思いました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です