ファットブロッカー

初めて登った初段、ファットブロッカー。

触り始めた時は2,3手進めるだけでも非常に辛く、こんな課題が本当に登れるようになるのか全く自信が持てなかった。

スタート直上のアンダーから岩の右側へのトラバースがキツく、カチに到達してもアンダーの左手が深く効きすぎて次のホールドにトバせない。かといってアンダーを浅く持つと今度はトラバースが全く出来ない。

アンダーを浅くホールドし、なおかつ効かせるには、脇を締めて掬い上げる様に体幹をよじる。するとトラバースも安定し、カチもトバす事が可能になった。多分ここまでに2日間は費やしたはず。しかも他の課題に移動せず、ずっとピンチ岩の前。

後はデッドでリップを止めるだけなんだけど、これが止まらない。原因はデッドの位置がちょっと右過ぎだったからだけど、トライを繰り返すうちに下部パートがどんどん体に馴染んで自動化されていく。自動化したパートを繰り返すのは嫌って人もいるけど個人的にはとても楽しい。完全にトリックが決まるまで反復練習を繰り返す、BMXとかスケートボードと良く似ている。

そして三日目だか四日目くらい。もう、ヒールも安定しまくり。一緒にトライしてたお兄さんが、「ちょっと右過ぎるんじゃない?」とアドバイスをくれる。内心「えー今更ホールド変更するの」と思わないでも無かったが、修正してトライ。いやーばっちり効きました。

とにかく初初段って事で帰りの電車は動画見ながらニヤけっぱなし。キモくてすいませんでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です